【限定企画】 橋本昭博(Moratorium Pants)によるワークショップ~ことばとカラダと演劇と?~

【限定企画】 橋本昭博(Moratorium Pants)によるワークショップ~ことばとカラダと演劇と?~

夢ジョブ全額負担スペシャル企画限定12人ワークショップ

【限定企画】橋本昭博(Moratorium Pants)によるワークショップ
~ことばとカラダと演劇と?~
橋本昭博氏よりコメント
演劇ってなんだろう?
と。もう20年も舞台に立ってるのに、いまだに日々思っております。
なので今回は皆さんと、言葉と身体を使って、日常の感覚からその延長線上にある演劇的表現に至るまで、まずは演劇で遊びながら、みんなで一緒に
「演劇とは?」「言葉とは?」「カラダとは?」
ということを探ってみたいと思います。
そしてそれを、即興や芝居に繋げていき、最後にはみんなで創ったモノを発表できればと思っています。
きっと、変な1日になるかと思います。
ぜひ、皆様のご参加お待ちしています。一緒に演劇を探りましょう。
橋本昭博氏プロフィール
俳優・演出家
演劇プロデュースユニットMoratorium Pants 主宰
1985年生まれ。茨城県出身。桐朋学園芸術短期大学演劇専攻卒業。12歳で初舞台を踏み、2011年、演劇プロデュースユニットMoratorium Pantsを旗揚げ。全作品のプロデュース・演出を手がける。詩人の谷川俊太郎の作品を上演し対談も行うなど、演劇の新しい可能性を追求している。’13年シンガポールとの国際共同制作舞台に出演。’14年水戸短編映像祭ベストアクター賞受賞。’15年ユース非核特使として世界一周。表現教育指導者として教育現場でも活動を展開。また『新羅生門』『リボンの騎士~鷲尾高校演劇部奮闘記~』(2011年横内謙介作・演出)、てがみ座『汽水域』(2014年扇田拓也演出)、『十二夜』(2015年森新太朗演出)、音楽劇『夜のピクニック』(2016年深作健太演出)、『海辺の鉄道の話』(2018年詩森ろば演出)など外部公演への出演も多数。演出助手として、横内謙介作品など様々な舞台に携わる。近年では2.5次元舞台の作品にも参加。
演出では、2019年3月穂の国とよはし芸術劇場PLATで「市民と創造する演劇」でシェイクスピアの「リア王」の演出を担当。リアを蟻の世界に置き換えたユーモアのある演出で好評を博した。
参加費 1万5,000円  →   0円
今回は夢ジョブを知って頂くために開催するイベントの為0円とさせて頂きます。
日程 2020年1月18日(土)
13時30分~20時30分

・開催にあたって
・ワークショップ
・質疑応答など
 場所 都内23区の某所(参加者のみお知らせします)
 お持ち頂く物  動きやすい服装、室内シューズ

夢ジョブは本気で俳優、女優になりたい人を応援しています。
なので今回の勉強会は学生は不可。(学生の方は見学枠のみ参加可能です)
また東京圏近郊にお住まいの方のみ(基準としては都内23区まで1時間で来れる方)とさせて頂きます。
申込多数になる場合が考えられますので、簡単な経歴とお写真のご提出をお願いしております、
また締め切り日は1月4日(21:00)に設定しておりますが一定数以上集まった場合早めに締め切りを行う場合がありますのでご了承ください。選考となる場合は1月10日までに選考結果をメールにて連絡致します。

お申込ボタン

≪お申込みに関して≫
※選考からもれた方が多い場合は、再度開催させていただく場合もございます。
※またその際も優先的に先着からもれた方を優先をさせて頂きます。
※こちらお申込み頂く事で会員登録(無料)も兼ねさせて頂きます。
会員登録の詳細はこちらをご確認ください。※ご自身でご登録を頂く必要はありません。

開催にあたって主催者の考え
はじめまして、株式会社wild idea代表の福田です。
夢ジョブ(運営会社:株式会社wild idea)とは何者か?
なぜ無料でワークショップを開くのか?
皆様が疑問に思われるとすればこの二つでは無いでしょうか。
私たち株式会社wild ideaのメンバーは、全員システムエンジニアとして仕事をしています。
私たちも皆さんと同じで目指すところがあり、各自エンジニアとして必死に勉強をしています。
恵まれているのは市場の原理で仕事には事欠かないことですが、
弊社の事務は、舞台役者として生計をたてるため勉強もしていますが、
他の役者の方は安い時給で働いている方が多いという事も話していました。結果早々に諦めていくことも。
夢を追う=貧乏、生活が不安定
これって何か違うと思うんです。
夢を追いながらでも普通のサラリーマンと同じぐらいの給与と安定を得ながら
安心して、舞台役者としてのキャリアを目指せる。
そういった事も可能だと思っています。
私たちはそんな職場を紹介するサイト(夢ジョブ)を運営していこうとしています。
そうなると、まずは夢ジョブ知って頂く必要があります。
今回はそのためのイベントになります。
だからこのイベントは無料で開催を行う事にしました。
正直、今回は完全な赤字になると思います。
皆様の中には選考にもれる方も出てくると思っています。
参加される方はそこは肝に命じて欲しいと思っています。
適当に受けずに全てを吸収するつもりで、成長するきっかけにして欲しい。
そう考えています。